FC2ブログ
~ フィンの箱庭 ~
擬人化ネタほぼメインな創作・語りなど。 雑多でなんでもアリな箱庭です。
サイト擬人化縮めて鷺のざっくり設定!

まずは鷺達の設定から!



■各鷺の簡単な世界観・キャラ設定

・なるべく短く、分かりやすく。
 詳しい設定が知りたい場合はブログのリンクより該当のサイトへ。
 (休止中、縮小運営中のサイト・ブログもあります)
 (なお、中の人達は大体の方が今も元気にどこかで囀っています)

・現在も活動ジャンルに鷺を含む方、透水が書く物語に鷺を貸して下さる方に限って、
 ここで紹介させていただきます。

・基本的に鷺のみですが、
 関りが深いと判断したnot鷺のオリジナルキャラも紹介させていただきます。

・あくまで私の視点から見た設定です。
 客観的であることに努めますが、私のフィルターが掛かってしまっているかもしれないことは、
 どうか心に留めておいてください。

・各キャラクター及び世界観は生みの親である各管理人に権利があります。

・鷺というジャンルはその性質上、特定の主人公が存在しない交流メインのジャンルです。
 紹介順は元となったサイトの頭文字(アルファベット)順でいかせていただきます。





t_bluethia.png
・ブルーシア・
歳:外見は15歳ほど(実際は千年単位で生きている)
性:女
本人曰く“ブルーシア島の意識的な何か”。
その正体は女神の残した封印魔法が意思を持ったものであり、
今も炎と大地の悪魔を封印している。
昔は島民が姿を見ることは出来なかった。
明るい性格で料理と園芸が趣味。天王家のゴウとは恋人同士。

t_chibi.png
・チビ・
歳:10歳くらい(実際は百年くらい生きている)
性:男
正体は東の果ての国の高名な山神の末裔。守護の力を持つ。
色々あってブルーシア島に流れ着き、
フィンに拾われてブルーシアの弟となった。
チビはニックネームで本当の名前は別にある。意外と強引。
擬獄が大好き。

t_bern.png
・ベルン・
歳:19歳
性:男
ある日突然ランプと共にブルーシア家の同居人となった。
女性のような容姿だが男性であり、残念なことに腐りきっている。
宝石の魔女の息子であり、本人も魔術に秀でている。
ランプを守る為にフィンと何か契約を交わしているとか。
本当に色々あってナギトとは恋人同士。

t_lamp.png
・ランプ・
歳:19歳
性:女
ある日突然ベルンに連れられブルーシア家の同居人となった。
儚げで女性らしい雰囲気を持つが、残念なことにグロいの大好き。
島に来る前のことはあまりよく覚えていない。
ささくれ街道のひよりとは親友同士。
片思い相手のネギタレをよく着ぐるみ姿でストーカーしている。

t_fin.png
・フィン・
歳:外見は8歳前後(実際は46億年以上)
性:なし(普段は男性の姿を取ることが多い)
ブルーシア島に封印されている炎と大地の悪魔の“意識”。
イルカのぬいぐるみに縫い付けられた目(石)の中に閉じ込められている。
とある騒動の後から幼い少年程度の体格でなら姿を現せるようになった。
感情がなく、それらしい振る舞いは全て模倣。
ムメによくちょっかいを掛けられる。

(ブルーシア島の鷺・オリキャラの設定は終焉ミソロギア開始前のものを載せています)

【サイト名】
ブルーシア島(旧サイト)
フィンの箱庭(現ブログ)

【管理人(作者)】
透水しぐれ(とうすい しぐれ)

【世界観】
魔法と現代技術の共存する惑星コールの片隅、リーニ海に浮かぶ小さな島。
神話の時代から続くこの島には様々な種族が暮らしており、
主にその美しい景観を生かした観光業で栄えている。
モデルは実在する島、ギリシャのサントリーニ島(ティーラ島)。




t_sora.png
・空彦・
歳:外見は19歳
性:男寄り
碧落海路の管理を任されたサイバー妖精。
コーヒー党で手先が器用。料理も裁縫も得意。
自由に空を飛ぶことは出来るがまったく泳げないカナヅチ。
パネルによる周囲の分析等、縁の下の力持ち的存在。
「姉さん」の沙子を大切にしている。

t_suna.png
・沙子・
歳:外見は19歳
性:女寄り
沙漠回廊の管理を任されたサイバー妖精。
空彦の影が独立して生まれたのが彼女で今では双子のような存在。
その顔は寡黙な(鏡合わせの)空彦のようだが、身体的な性差は見られる。
情報収集能力に長けた、こちらも縁の下の力持ち的存在。
「兄様」の空彦を大切にしている。

t_oruna.png
・オルナ=コットンキャンディ・
歳:外見は10歳
性:女寄り
以前は空彦達の元に住み着き、“月に帰った”ウサギの少女。
現在は冥土とあらゆる世界を渡る配達員をしている。
その為、海上も流砂も数列と意識の海も平気で走破する。
かわいいものやお菓子が大好き。
沙子にとてもよく懐いていた。

t_nagito.png
・ナギト=スカイ・
歳:享年21歳
性:男
LLLという物語世界に存在する少数民族エーヂョ族の青年。
…ということになっているが、本来の人種は東洋人。
秀でた魔術師だったが、とある事故により弟を遺して亡くなっている。
なおブラコン。現在は冥土にて安寧に満ちた日々を送っている。
…はずだが、ベルンという恋人が出来てからはよく現世にも遊びに来ている。

【サイト名】
碧落海路

【管理人(作者)】
稲光えいる(いなみつ えいる)

【世界観】
どこまでも果てしなく続く青い空と海の狭間。
陸地のないその世界の海は数列と何者かの意識によって出来ている。
また、同サーバ内には果てしなく続く青い空と砂の海が広がっている場所もある。
どちらも渦や流砂といった形で表面にあるものを飲み込もうとする性質を持つ。
(因みに度々出る“冥土”とは亡くなった選ばれしキャラがジャンル問わず行きつく場所である)




t_har.png
・ハーシェル・
歳:24歳
性:女
現代のバッカスを自称するほどお酒大好きなお姉さん。
新しい事や面白いことが好きでどこか掴みどころがない。
妹であるラヌのことが大切過ぎて多少モンペの気がある。
本人に記憶はないが、かつて妹を取り戻そうとして命を落としたことがある。
エリンゲートとは親友。ベルンとは腐れ仲間。

t_yua.png
・ユアーナス・
歳:19歳
性:女
大人しく真面目な性格で兄弟達のストッパー。
しっかり者だが想い人の前では赤面してしまい碌に会話も出来ない。
掃除が趣味だが料理は壊滅的である。
本人は微塵も覚えていないが、かつてはとある少女が大切にしていた人形だった。
ちなみに片思いの相手の名前は都市霧である。

t_ranu.png
・ラヌ・
歳:13歳
性:女
人懐っこく天真爛漫、誰からも可愛がられる末妹。
歳の割に幼いが時折思い出したように彼女らしくない態度を見せる。
とある実験の核として利用され、病んだ末にゴウ、ユアーナスを生み出し、
ハーシェルとカオルを蘇らせた。ゴウとは深層心理で繋がっている。
本人はまったく何にもこれっぽっちも憶えていない。

t_gou.png
・ゴウ・
歳:15歳
性:男
多少意地っ張りな面もあるが頼まれると断れないお人好し。
物理で殴るのは得意だが幽霊等実体のないものがめっちゃ怖い。
自分の影を操り攻撃する術を持つ。ラヌとは深層心理で繋がっている。
本人は微塵も覚えがないが、正体はとある少女の負の感情を請け負った影。
ブルーシアと恋人同士。ネギタレ、サニタ、クレスと仲良し。

t_kaoru.png
・カオル・
歳:22歳
性:男
背に翼はあるけど飛べるわけではない。魅惑のカラーひよこ。
柔和で平和主義、調子に乗ることもあるが、メンタルはあまり強くない。
思慮深く、熟考してから行動に移るタイプ。
かつては研究対象である少女の世話役を務めた研究員だった。
彼女の姉と共に少女を助けようとして命を落としたが、今も全て憶えている。

【サイト名】
Herschel

【管理人(作者)】
郁人(いくと)

【世界観】
真っ白な空間に格子模様をした平面の大地がどこまでも続き、
空には冴えた青色の天王星がぽっかりと浮かんでいる。
無数の扉がひしめき、その先は屋外や誰かの部屋、異世界に繋がる扉もある。
開かない扉もあるが、空間の主であるラヌに限り全ての扉を開けることが出来る。




t_cles.png
・クレス=スターリィ・
歳:およそ16歳
性:男
生まれてからしばらくは14歳程度の姿だった。
本体である空間の更新が停止した際に繋がりが途切れ、
現在は行きたい場所へ自由に放浪する吟遊詩人のような暮らしをしている。
穏やかでマイペース。
ミラ(リュート)は彼の半身であると同時に、歌うことが好きだという想いの結晶。

t_new.png
・ネウ=ムーニィ・
歳:19歳以上
クレスの在り得たかもしれない未来の姿。
その為、クレスが大人になった時のような見た目をしている。
他人に起因する感情一切が麻痺していたが、クレスの頑張りで少しだけ取り戻す。
クレス以外の鷺と交流したことはない。
現在は彼も鷺ではなくなり、気ままに色々な世界を旅している。

【サイト名】
星空の奇跡色。

【管理人(作者)】
風野湊(かざの みなと)

【世界観】
クレスの状態が映し出される草原と空で構成された空間が彼らの故郷。
時の流れの絶えた満天の星空が見える夜の世界だったが、
クレスが鷺から解放され立ち去った今では規則正しく流転するようになった。
以降、クレスにとって鷺の世界は全て夢という形で訪れることの出来る世界になる。




t_negitare.png
・ネギタレ・
歳:15歳
性:男
異形とも呼べる姿をした少年……だが、へたれないじられキャラ。
ナイフも所持しており、こと戦闘に関して、本気になればかなりの強さを誇る。
今までに告白した女性鷺達からはことごとく「お祈り」された。
かつてはごく普通の少年だったが、その辺りのことは何一つ覚えていない。
ゴウ、サニタ、クレスは親友。ランプとは両片思い。

・ムメ&フラ・
歳:ムメの方が年上ではある
性:ムメは男寄り、フラは女寄り
ネギタレやエリンゲートとよく一緒にいる青い火の玉達。封印されている。
その正体は宇宙規模の事象をも好きに操れる神々だったらしい。
ムメはお調子者で女好き。フラはムメの恋人でしっかり者。
ムメは炎、フラは雷の姿をした魔力を振るう。
境遇が似ている為か、ムメとフィンは憎まれ口を叩く仲。

t_mami.png
・まみ・
歳:10歳程
性:女
好奇心旺盛で快活だが多少強引な性格。ネギタレの義理の妹。
子猫としての性質が強く、またたびやチュールも嗜む。
歳の割にませており、特に男女間の心の機微には敏感。
かつては女神信仰の巫女をしていたが、その辺りのことは何一つ覚えていない。
ランプの義兄に対する恋心には気付いている。

t_eri.png
・エリンゲート・
歳:25歳
性:女
ある日突然ネギタレから分離した。現在は彼の義姉で通っている。
女王気質だが、やれば何でも出来るし、大胆で積極的な仲間思い。
しかし家では料理以外の家事全てネギタレに押し付ける干物女。
かつてはとある世界の女神だったが、もちろんそんなこと覚えていない。
ハーシェルとは何かと気が合う。義弟の恋路はにまにまと応援中。

・飛龍 皇海(ひりゅう すかい)・
歳:7~8歳くらい
性:男
ある日突然ネギタレ家に転がり込んできた。気分の落差が激しい。
戦闘は(自称)苦手。好奇心旺盛で神出鬼没。空中浮遊とかできる。
彼の持つ黒くて分厚い本には見聞きした色々なことが記されている。
かつては神話の真実に気付き、後に失踪した幼子。
ネギタレ家の過去を知っている。絡んでくれる人募集中。

【サイト名】
ネタギレ・ふつうじゃないにっき

【管理人(作者)】
雷龍(いかずちりゅう)

【世界観】
瘴気の霧で満ちた空間にぽつりとごく普通の一軒家が建っている。
その霧の中からは時折、建造物や生き物、化け物らしきものが姿を見せ、
中には他害の性質を持つものも現れる。
少し離れた所には広い霊園があり、亡者が割と好き勝手に闊歩している。




t_sasa.png
・ささくれ街道四丸九(通称ささくれ)・
歳:20代前半
性:男
やたらと饒舌な、明るいさわやか(?)お兄さん。
正体が道路なせいかとても頑丈。目から高彩度のビームを放ち、
口からアスファルトを吐き、壁を垂直に歩ける。バイク乗り。
恋人はいるが前途多難。擬獄を可愛がっているが、
弟の方は大人の事情でスルーしている。道路が凍ると豹変する。

t_gigo.png
・真剣擬獄(通称 擬獄)・
歳:7歳くらい
性:女
不器用で寡黙なボクっこ乙女。たまに兄を斬り倒す。
街道下のやたら綺麗な水の流れる地下水道に住んでいる。
持っている真剣は折れても鞘に収めれば復活する。
攻撃力の割に持久力に乏しい。もふもふしたものが大好き。
チビとは非常に仲良しこよし。正体は地下水道の水流。

t_hiyo.png
・ひより・
歳:14歳くらい
性:女寄り
街道に迷い込んできてそのまま鉄塔の上に住み着いた青カラス。
目つきが悪く、小ばかにしたように笑いながら人を煽る。
元がカラスなので光物や肉(特に内臓系)大好き。
面白そうなことにはすぐ首を突っ込むが、同時に飽きっぽい。
ランプとは親友同士。正体は電線。あと歌声はジャ〇アン。

t_toshi.png
・都市霧天道(通称 都市霧)・
歳:19歳前後
性:男
厨二病を患ってしまった残念なイケメン。人見知り。
身体は常にふわふわと宙に浮かんでいる。
実兄であるささくれがめっちゃ好きで「お兄ちゃん」呼び。
どこからともなく発生するうさぎによく懐かれている。
ユアーナスから片思いされている。正体は大気中の塵。

【サイト名】
ささくれ街道409

【管理人(作者)】
湯本マツリ(ゆもと まつり)

【世界観】
広くて空気が微妙に汚染されている、海に面したどこまでも続く街道。
真昼から夕方を繰り返しており、基本的にいつも晴れている。
周辺には地下水道、工場地帯、夢の島、商店街等がある。
鷺が住んでいるのは異空間側であり、一般側の世界ではばんばん車が走っている。




t_saten.png
・さてん・
歳:17歳
性:女
さっぱりしていていい感じに適当な性格。一人称はボク。
本人は男に生まれたかったらしいが女の子らしいものは大好き。
だが恋愛そのものにはあまり興味が無い。
くまとお茶全般が好き。動くくまぐるみを素早く作れる。
空彦からコーヒーのことを学んでいる。

t_harara.png
・ハララヒララ・
歳:17歳
性:女寄りの無性
かつてさてんから切り離された精神体で女の子らしさそのもの。
常に点滴している必要はなくなったが虚弱体質は変わらない。
現在はさてんの“中”に戻ったり、普通に現れたり、
さてんに憑依する形で表に出て来ていたりする。
崩壊で庭を失い、今は残った浮遊床の一角で土いじりを始めている。

【サイト名】
茶天―適温抹茶飲処―

【管理人(作者)】
蓬茶葉(よもぎちゃよう)

【世界観】
灰色黒白ドット柄のやたら広くて白い箱庭空間だった。
2019年3月31日に崩壊し、以降は一部が抉られ宙に漂っている。
その上に一軒の喫茶店兼居宅があり、
随所にHTMLタグを元とするくまぐるみがちょこまか動いている。




・谷原サニタ・
歳:18歳
性:男
マイペースで天然、天文やオカルトにも通じている魔道士。
自然の力を借りる魔法体系に精通。よく転ぶためマントは短め。
自分の世界ではたまに持ち込まれる魔法のアイテムの鑑定、保存、
効果を消した上での破棄代行などを請け負う。
ネギタレ、ゴウ、クレスは良き友人。

・ミルザム・
歳:10歳くらい
性:女
大人しく利口で散歩と日向ぼっこが好きな女の子。
だがサニタやアリオトに対しては若干辛辣な部分もある内弁慶。
犬であるためアリオトよりしっかり者で持久力があり、鼻が利く。
使い魔ということになっている。さわ〇かのハンバーグ大好き。

・アリオト・
歳:10歳くらい
性:男
陽気で悪戯好き、近所の探検も日向ぼっこも好きな男の子。
猫としてはしっかりしているが、たまに聞き分けがない。
瞬発力や咄嗟の判断力に優れ、なかなかに俊敏。勘がいい。
使い魔ということになっている。さわ〇かのハンバーグ大好き。

【サイト名】
タニサクのうぇぶろぐ。

【管理人(作者)】
谷原朔夜(たにはら さくや)

【世界観】
地球によく似た星、日本によく似た国の、長閑な田舎町に住んでいる。
周囲は山や畑、田んぼに囲まれているが、繁華街はそれなりに賑わっている。
魔法を使える者は一つの町に一人いるかいないか。
なお、サニタの家は二階建てで地下室があり、広い庭には古い蔵もある。





【これまでの鷺】

粗筋的なものをざっくりと紹介。
このブログ内で読めるものもあれば、旧サイトにしかうpしていなかったものも含みます。
また、後記するのは透水が書いた物語に限ったものであり、
他の鷺の親御さんが書いた小説や漫画、イラストなどに関しましては、
それぞれのサイトにてご覧下さい。

鷺誕生

なりきりチャットなどでわちゃわちゃ交流

【ハロウィンシリーズ】
ブルーシアが主催したハロウィンパーティにて巻き起こるちょっぴり切ないコメディホラー?小説でした。
とある森の中の古城を貸し切り楽しいパーティの最中、
ひょんなことから城に封印されていた幽霊達を解き放ってしまい、
とり憑かれて楽しいことになりながら騒動の原因を探っていく物語。
主人公は鷺ではなくオリジナルキャラの幼女。
なんだかんだして無事に幽霊達を昇天させることに成功しました。
宝石や鉱物と同じ名前の幽霊たちが出てきます。
(なお、現在は鷺で活動していない方のキャラクターも出演しています)

【闘技会シリーズ】
某スマ〇ラのように、自分の所のオリキャラや擬人化キャラを戦わせたら面白いんじゃね?
という透水の軽率な思い付きで始まったシリーズ。
鷺含むオリジナル、メテオス擬人化、ポケモン擬人化等がトーナメント形式でバトルをする小説です。
ブルーシア島から少し離れた所にあるブルーエルスタジアムという場所で開催されました。
ジャンルはごちゃまぜ。
(なお、現在は鷺で活動していない方のキャラクターも出演しています)

【スティグミ騒動シリーズ】
元はブルーシア島10周年記念のお土産としてオフ会に持っていったものでした。
そんなわけで、登場している鷺はオフ会に来てくださった方の鷺のみとなっています。
朝、目が覚めると、ブルーシア、チビ、ベルン、ランプの四人が-10歳されていました。
しかも同じく10周年を迎えていたネタギレ・ふつうじゃないにっきのネギタレ、まみ、
エリンゲートの3人も-10歳されてしまっていたのです。
たまたまその日ブルーシア島に来た友人の鷺達は、彼女達を元に戻す為に奔走します。
こちらから読めます。

承1
承2
承3
承4
転・結

【終焉ミソロギアシリーズ】
昨年末まで本編連載しておりました(なお、エピローグは執筆中)鷺長編です。
おそらく、私が書く鷺の長編小説はこれで最後になるかと思います。
カテゴリに「鷺終焉」でまとめてあります。
記事数が現時点で70を超えていますので、その、色々とご注意ください。



追記にて鷺というものについてより詳しく説明しています。
こちらは物語を読むだけならばそこまで重要ではないので、
より鷺のことを知りたくなったときにでも見てください。

続きを読む
スポンサーサイト



【悲報】清浄明潔*十生奇譚「箱を暴く」ルートについて【どうして】

先日ついに最終回を迎えました清浄明潔*十生奇譚ですが、
この作品には二度ほどストーリー選択出来る個所がありました。
擬獄ちゃんのお供となるキャラクターの選択と、ラストの擬獄ちゃんの行動に関する選択ですが、
今回は後者の選択で選ばれなかった「箱を暴く」ルートを特別に公開したいと思います。

公開日は6月23日の夜9時頃となります公開しました!!
あと、6月29日(月)【すぺしゃる】に追加あります!!

この記事の追記内にURL(と、一部はパスワード)を記載しておりますので、
【A】【B】【C】【すぺしゃる】お好きな試練に挑んで箱を暴きに行ってください☆


え? どうしてこんなことをって?
オキモチというやつですよ!!!!! めんどくさいですね!!!!!!!
「元々読む気はないけど、読まないと透水に話を振られた時鬱陶しいからなあ」という時の為の言い訳にしてください。
「あんなめんどくさいことするから、解けなくて読めなかった!」
「時間ないから無理!!!」
「変なことしたお前が悪い」と、そういうことになります!! 安心!!!! やったー!!

ストーリーを追いたいだけの方は【A】をどうぞ。
こちらは試練(爆笑)も何も関係なく読めます(ただし簡易版)。

箱の中身ことハラワタを知りたい方は【B】か【C】のどちらかに挑戦してください。

【すぺしゃる】は【B】【C】両方挑戦して成功するとパスワードがもらえます。
オマケ小説がいっぱいついてくる!

各ルールはそれぞれの項目にkwskしてあります。
まあ、時間つぶしに気負わずやってみてください。

……え?
そうは言っても、いつかは公開しちゃうんだろって?
しないですよ、今回は。ここ以外での公開は。
何故なら、そもそも選ばれなかった方の物語ですからね……完全にオマケ扱いです。



公開期限はありませんが、一応の締め切りをひと月後の令和2年7月23日までとします。
それでは追記へどうぞー。


EazOlZyUMAE0NhP.jpg
画:郁人さん


※ハラワタハラワタ言ってますけどスプラッターなやつとかではないんで安心してください……。
続きを読む
黎明ミソロギア 清浄明潔*十生奇譚 → ワールズエンド・ブルーアイズ
舞台は移り、写り往く。



続きを読む
黎明ミソロギア ―清浄明潔 * 十生奇譚 「新しき春の日よ来たれ」
終わりました。
いやあ……本当にありがとうございました。
思ってたより長くなっちゃいましたね。
てへぺろ。

これにて清浄明潔*十生奇譚は幕引きです。
しばらく十生メンツについてきゃわいいとか何とかアレなことを言ったり呟いたりしているかもしれませんが。

とりあえず、次はいよいよ黎明ブルーシア編ですね。
前々から某所で予告していた通りげっわいえんたふっ! みたいなカッコイイ感じにしていく予定ですので、
どうか次も楽しんでいただけたら幸いです。


それでは結末をお楽しみください。


続きを読む
黎明ミソロギア ―清浄明潔 * 十生奇譚 「彼の箱に残りし最後の厄の名は」
長かった清浄明潔*十生奇譚もようやくフィナーレを迎えられることとなりました。
次回更新のエピローグで十生は完結。
その後、十生→???への繋ぎの話をうpして、ブルーシア編の黎明へと続きます。
予定としてはゴウ君にget wildしてもらうやつなので、
どうか次回も楽しんでくれたら幸いです。

ブルーシア編黎明はある意味で黎明のトリ的立場ですけども、
もっとこう、コンパクトに濃厚で面白くまとまるように頑張りたいと思います。
2時間くらいの映画としてきっちりすっきり収まる劇場版みたいな感じ……で……。

十生は最初の頃にキャラクター選択があり、
擬獄ちゃんと一緒に行動するキャラによってストーリーが変わる仕様になっていました。
だからといって話の大筋が変わるわけではありませんでしたが、
せっかくなので、エンディングは二つ用意することにしてみました。

ハッピーとバッドの組み合わせではありませんので、そこは安心してください。
どちらが選ばれても主人公達はハッピーエンドですし、どちらが選ばれても犠牲者は出ます。
安心してください。()

選ばれたエンディングを正史とします。
選ばれなかったエンディングに関しては、後々何かの機会にでも公開出来たらいいかなーと。

それでは、最後の戦いと擬獄ちゃんの選択、そして考察をお楽しみください。


---------------------------------------
続きを読む


プロフィール

透水しぐれ

Author:透水しぐれ
【ブルーシア】
ブルーシア島へようこそ!
ゆっくりしていってね。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR